医者

大腸がんや腸閉塞の予防や治療方法|早めの治療が大切

把握しておきたい病状

医者

体の骨などは普段成長したりしますが、その骨には骨肉腫と言ったのが出来ます。これも骨同様に成長を遂げますが、これは悪性の腫瘍となっています。そのためこれは治療を受けて取り除かなくてはならないのです。

詳しく読む

胆管にできるがん

ハートを持つ看護師

胆管がんは欧米より東アジアに多く見られます。また高齢化と共に徐々に増えてきています。根治的療法は切除手術です。進行して手術ができない場合でも治療薬や技術の進歩により抗がん剤治療でがんが小さくなれば手術ができるケースもでてきています。

詳しく読む

医療の進歩と負担の軽減

お腹を抑える女性

検診で早めの発見

大腸がんの増加から、その発見や治療が注目されるようになってきました。大腸がんは初期に発見されれば、高い確率で完治することができる特徴があります。そのため、定期的な検診が大腸がんを早めに発見していくことができるのです。大腸がんの治療では、腸の中の腫瘍を切除していく方法が行われます。しかし、大腸がんが進行してしまい、腫瘍が大きくなったり転移していては、その治療も難しくなってきます。できるだけ初期に発見されることが大きな負担にならなくて済むので、定期的な検診はメリットのある対策となります。この検診は、検便だけでもその疑いを調べることはもちろんできますが、内視鏡を使った検査はより明確に大腸がんを特定できます。内視鏡は治療でも行われる方法で、その場で診断していくことができるので、最近はこの検査方法を受ける人も多いです。

進歩状況と快復の見込み

大腸がんの治療は、その進行状況によって方法が違ってきます。初期の段階ではまだ腫瘍も小さいので、内視鏡を使って切除していくことができます。この方法はお腹を切らずに済むので、負担を少なくしてくれます。大腸がんがある程度進行した状態では、開腹手術や腹腔鏡手術が行われます。これらは腫瘍を切除していく以外にも、リンパ節に転移している可能性もあるのでその部分も一緒に切除することもあります。そして、手術でも回復が見込めない状態では、抗がん剤や放射線治療で、大腸がんの進行を遅らせていきます。このような状態になるまでには、症状がひどくなってから病院で診てもらう人が多いので、やはり早めの発見は大切です。昔は内視鏡そのものがなかったので、患者の負担は今ほど少なくはありませんでした。しかし、医療の進歩は着々と進み、早めの発見と最小限の負担が実現されるようになりました。今後のさらなる患者の増加に備えて、その医療体制にも期待がよせられています。

大腸がんになると腸閉塞を引き起こしてしまう高齢者の方も多いとされています。腸閉塞を引き起こさないためにも、大腸がんと診断されたら早めに治療するようにしましょう。

骨の生活習慣病

笑顔の看護師

骨粗鬆症の治療薬は骨の吸収を遅らせる薬と骨の形成を促進させる薬があります。いずれの薬も即効性はなく、効果が現れるまでには年単位の期間が必要となります。根気よく服用を続けることで骨折を防止することが可能になります。その結果、将来の要介護や寝たきりを防ぐことにつながります。

詳しく読む